不具合情報一覧

ご利用にあたっての注意事項

  • 車両の不具合状況については、ユーザーからの申告内容を要約したものですので、申告内容の事実関係については国土交通省では責任を負いかねます。
  • 車両不具合情報には、設計・製造に起因するものに限られておらず、整備不良やユーザーの使用ミスなど他の要因に起因する可能性があるものも含まれます。

333件のデータがヒットしました

33 / 34 ページ

番号
受付日
性 別
住 所
申告方法
車名
通称名
初度登録年月
総走行距離
型 式
原動機型式
不具合装置
発生時期
申告内容の要約
321
2015年07月22日
男性
秋田
HP
フォルクスワーゲン
ニュービートル
2002年08月
65,000 Km
GF-9CAQY
AQY
動力伝達
2015年4月
自動変速機の不良により、動力がミッションに伝達しないため、ギアを入れてマニュアル車のクラッチを離した状態のような感覚になる。
322
2015年07月13日
男性
秋田
HP
フォルクスワーゲン
ゴルフトゥーラン
2005年11月
103,500 Km
GH-1TBLX
BLR
動力伝達
2014年8~9月頃
自動変速機のバルブボディの不良により、エンジンをかけて20分程度走行すると1~2速、2~3速の加速及び減速時に怖いぐらいの音と衝撃がするほどの激しいシフトショックが発生する。ギア抜けし、いきなりエンジンの回転数が急上昇し、ドンっという衝撃音とともにギアがつながり、飛び出すように前へ出ることもある。
323
2015年07月08日
男性
東京
フリーダイアル
フォルクスワーゲン
パサート
2006年10月
40,000 Km
GH-3CAXZF
AXZ
動力伝達
2~3年前
6速DSG(自動変速機)の不良により、低速域でギアが変わる際に大きなショックが発生する。
324
2015年06月18日
男性
大阪
HP
フォルクスワーゲン
パサートワゴン
2004年06月
85,000 Km
GH-3BAZM
AZM
動力伝達
2015年3月
高速道路上でATFパイプからATFが漏出し、走行不能になった。
325
2015年06月15日
男性
沖縄
電話
フォルクスワーゲン
ゴルフ
2007年03月
不明
ABA-1KBLG
BLG
動力伝達
不明
走行中にアクセルペダルを踏んでも加速しない症状が出始め、数日後には走行不能になった。
326
2015年05月30日
男性
兵庫
HP
フォルクスワーゲン
ゴルフトゥーラン
2005年03月
61,400 Km
GH-1TBLX
BLX
動力伝達
2015年4月
自動変速機のバルブボディの不良により、シフトアップ時にギアの繋がりが悪く、ニュートラル状態になる。また、シフトダウン時は追突されたような衝撃が出る。
327
2015年05月26日
男性
新潟
HP
フォルクスワーゲン
パサートヴァリアント
2007年03月
58,000 Km
GH-3CBVY
BVY
動力伝達
45000km過ぎたあたり
トランスミッション(自動変速機)が温まると、信号停止の為に減速した際にミッションから大きな振動があり、リアから追突されたかのような大きな衝撃が出る。
328
2015年05月19日
男性
茨城
フリーダイアル
フォルクスワーゲン
ポロ
2010年03月
23,467 Km
ABA-6RCGG
CGG
動力伝達
2015年5月8日
DSG(自動変速機)のメカトロニクスの不良により、シフトインジケーターが点滅して、走行不能になった。
329
2015年04月20日
男性
埼玉
HP
フォルクスワーゲン
ゴルフ
2011年03月
30,000 Km
ABA-1KCCZ
CCZ
動力伝達
2014年10月~2015年04月
走行中、DSG(自動変速機)の不良によりシフトインジケータが点滅し、ギヤが抜けアクセルダルを踏んでも加速・変速しなくなった。バックもしない。
330
2015年04月09日
男性
石川
フリーダイアル
フォルクスワーゲン
パサート
2011年12月
60,000 Km
ABA-3CCAX
CAX
動力伝達
2015年4月
DSGのメカトロニクスが内部からケースを押し広げるような破損をしたため、オイルが漏れて走行不能になった。
  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ