不具合情報一覧

ご利用にあたっての注意事項

  • 車両の不具合状況については、ユーザーからの申告内容を要約したものですので、申告内容の事実関係については国土交通省では責任を負いかねます。
  • 車両不具合情報には、設計・製造に起因するものに限られておらず、整備不良やユーザーの使用ミスなど他の要因に起因する可能性があるものも含まれます。

57,403件のデータがヒットしました

1 / 5,741 ページ

番号
受付日
性 別
住 所
申告方法
車名
通称名
初度登録年月
総走行距離
型 式
原動機型式
不具合装置
発生時期
申告内容の要約
1
2020年04月30日
男性
北海道
HP
ニッサン
セレナ
2006年09月
120,000 Km
DBA-CNC25
MR20
動力伝達
2020年4月
CVTの不良により、Lギアのまま変速しない(回転数は上がるのに速度がでない)。アクセルペダルを一杯に踏んでも加速しない(回転数も上がらない)。症状が出ているときはバックもしづらい。
2
2020年04月30日
男性
埼玉
HP
スバル
フォレスター
2014年02月
95,000 Km
DBA-SJG
FA20
かじ取り
2020年4月8日
ステアリングギアボックスの不良により、高速道路を80km/h位で走行時、ステアリングが左右に1mmも動かない状態になった。 この時は1秒前後で正常な状態に戻ったが、後日のエンジン始動時に同じ症状が再発した。
3
2020年04月30日
男性
愛知
HP
スズキ
ワゴンR
2014年03月
35,000 Km
DBA-MH34S
R06A
電気装置
不明
補助電源モジュールの構成部品(素子)内部に亀裂が生じたため、アイドリングストップOFFランプが点滅すると同時にカーナビやETCドライブレコーダーも作動しなくなった。
4
2020年04月30日
男性
大阪
HP
スズキ
DR-Z400SM
2007年09月
30,000 Km
BC-SK44A
K419
動力伝達
2020年4月10日
信号待ち停車のためにシフトダウンしてエンジンブレーキで減速中、突然ギアが抜けてニュートラルに入ったような感覚(動力が切れた)になった。その後、発進を試みたがクラッチを繋いでも動力がまったく駆動輪に伝わらなかった。ドリブンスプロケットカバーを取り外してみたところ、ドライブシャフト(カウンターシャフト)が折損していた。
5
2020年04月30日
男性
広島
HP
トヨタ
アクア
2012年02月
70,000 Km
DAA-NHP10
1NZ-1LM
車枠・車体
2015年
少しずつドアノブとスポイラーの塗装が剥がれ、今は全面剥がれてプカプカしている。
6
2020年04月30日
男性
鳥取
HP
スズキ
ワゴンR
2014年05月
42,000 Km
DBA-MH34S
R06A
緩衝装置
2020年4月22日
車庫から車を出すため、1メートル動かした時にバキッと音がし、走行時は左フロントから異音が発生した。車を確認してみると、左前輪スプリングが折損していた。
7
2020年04月30日
男性
福岡
来訪
BMW
218dアクティブツアラー
2016年09月
40,000 Km
LDA-2C20
B47C20A
動力伝達
2020年4月10日頃
サイドブレーキをかけている状態にも関わらず、エンジン始動後、メーターパネルに「サイドブレーキをかけて下さい」という警告表示が表示されたままとなる。当該表示はサイドブレーキを解除したり、ナビの検索ボタンを押下すれば消灯する。
8
2020年04月29日
男性
新潟
HP
ニッサン
スカイラインクロスオーバー
2010年09月
85,799 Km
DBA-NJ50
VQ37
かじ取り
2020年4月5日午後9時7分頃
ステアリングロックの不良により、通常通りブレーキペダルを踏みながらエンジンボタンを押下したところ、ブレーキペダルが押し返され、ブレーキペダルが3分の1程しか踏み込めない状態となり、エンジン始動不可となった。メーターパネルには、キー警告灯だけが点灯していた。
9
2020年04月29日
男性
神奈川
HP
三菱
デリカD5
2015年02月
127,000 Km
LDA-CV1W
4N14
排ガス・騒音
2020年3月18日
エキゾーストマニホールドに小さな穴が開いていて、そこから排気漏れをしていたため、信号待ちの際にボンネットから白い煙が上がった。
10
2020年04月29日
男性
埼玉
HP
マツダ
CX-8
2018年04月
33,250 Km
3DA-KG2P
SH
電気装置
2019年7月4日
室内灯のつけ放しなどもなく、バッテリーが上がる。
 
  • 次のページ
  • 最後のページ